つる予防

つる予防

(1)筋肉を疲労させない 筋肉が疲れて来たら、試合の合間にマッサージなどを受けて、疲労を取ります。ビタミン入りの飲料も疲労回復に役立ちます。

(2)センサー器官の信号を出やすくする 練習や試合前に「つり」やすい筋肉を入念にストレッチングします。これでセンサー器官も含めた神経回路を目覚めさせることができます。

また、神経の伝導は結局は ナトリウム、カリウム、カルシウムといった電解質(イオン)によりますから、スポーツドリンクや果物で運動前にしっかり補充しておきます。

バナナはカリウムに富む食べ物 ですから、試合の合間などに食べておくと、自動的に補充が出来ます。

一旦、「つった」状態ではストレッチやマッサージをして、神経の回復を図るしか方法は少ないようです。
×

この広告は1年以上新しい記事の投稿がないブログに表示されております。